• Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

Menu close

【ダブルス戦の場合】スクランブルゴルフツアーにおけるスコアカードの書き方は?

 

予選でも決勝でも試合の順位を決めるのはスコアです。普段のラウンドでもスコアを付けていると思いますが、スクランブルゴルフの場合はいつもとちょっと書き方が違います。大会当日に「どう書けばいいの!?」と慌てることのないようにしっかり予習しておきましょう。2人で挑むダブルス戦の場合は?

 

 

ペア同士でマーカーに、プレーを見逃さず正しいスコアを記入

スクランブルゴルフツアーのダブルス戦はペア同士が1組になってプレーします。外から見た雰囲気はごく普通のラウンドっぽいですが、お互いにマーカーとなってスコアチェックをすることで競技大会として成立しています。

 

 

ダブルス戦のスコアカードはよくある形状ですが、名前の上に「TEAM SCORE」という欄があり、ここに相手チームのスコアを記入します。注意点としては「◎、〇、-、△」ではなくストローク数を書くようにしてください。そして名前の横の欄はのちほど説明しますが、ティーショットの採用回数を書き入れる場所です。

 

とここまで聞いて、まだ参加したことのない方は「ん?」ってなるのかもしれません。ダブルス戦に参加される方は選手であると同時にマーカーでもあるため、手に持っているスコアカードには相手ペアのスコアを書き入れます。ではご自身のスコアはどこに書くかというと、実はスコアカードの上部が折り返しになっており、そこに記入欄があります。

 

 

スタート前の競技説明でもスコアカードには必ず触れています。記入方法の説明を受けたのち、ご自身のチーム名と氏名を確認してからスコアカードの交換という流れです。もしわからないことがありましたら、遠慮なく質問してくださいね。

 

スタート後は今が何打目なのか、プレーに問題はないかなど相手ペアの動向にも注目しながら好スコアを目指してください。キャディさんが付くときもありますが、すべて自己申告が基本でなにか疑問が生じたときはペア同士で確認します。組合せの都合上2バッグになることがあります。その場合は競技委員がマーカーとなって18ホール帯同します。

 

ティーショット採用回数も確認、アテスト終了まで大切に管理を

ダブルス戦のティーショットの採用条件は1人最低7回です。スクランブルゴルフのゲーム性を高くしている基本ルールですが、スコアカードには採用回数もしっかり記入します。ちなみに採用条件をクリアできないままプレーを終えると、1ホールにつき2打罰のペナルティーになってしまいます。最後に痛い加算とならないよう2人で話し合いながらクリアを目指しましょう。

 

 

スコアカードへの記入方法ですが、1回目は「1」と、2回目は「2」と実際に採用されたホールの下に数字で書きます。記入するタイミングは1ホールずつ、ホールアウトの直後にスコアと一緒で大丈夫です。

 

 

18ホールを戦い終えたあとはアテストが待っています。クラブの本数確認を済ませたあとは速やかにアテストエリアに行きましょう。通常はクラブハウスの中ですが、ゴルフ場によっては外に机が用意されていることもあります。

 

折り返しの部分を切り取って相手ペアに渡せば、お互いにチェックしやすいはずです。間違いがないようでしたら、全員のサインを入れて競技委員に提出してください。

 

【チーム戦の場合】スクランブルゴルフツアーにおけるスコアカードの書き方は?

この記事を書いた人

工藤 由行

大会カメラマン兼レポーター。大会当日、練習場やスタートホール、フィニッシュ後に声をかけますので、写真撮影とコメントのご協力をお願いします!