【大会レポート|当日の模様編(2)】2018WEEKENDスクランブルゴルフ選手権 ペア戦 チャンピオン大会

 

3月17日(日)開催「2018WEEKENDスクランブルゴルフ選手権 ペア戦 チャンピオン大会」のレポートです。悲喜こもごもの前半に続き、後半の模様をお届けします。強豪ペアによるチャンピオン争いの行方をご覧ください!

 

 

 

では後半戦も「初速バーン!飛距離ドーン!」の勢いで好スコアを目指しましょう。

 

 

 

18番ホールにて。カラーのラインに沿ってグリーンに落としていくという、難易度の高いプレーを。

 

 

 

ここは奥につけると大変ですね。どこでも大変ですが。

 

 

 

ラインなりにオーバーしてボールが止まりしました。

 

 

 

当てるか入れるかという感じです。

 

 

 

今度は真横からカップをねらいます。

 

 

 

あとはカップインするまで見守りましょう。

 

 

 

お疲れさまでした。次はアテストをお願いします。

 

 

 

左に大きく回った先にカップがあります。読みごたえのあるライン。

 

 

 

1発では決まりませんでした。

 

 

 

それを踏まえて、さらに大外からグルっと回します。

 

 

 

ひと通り状況を確認したようです。

 

 

 

今度は絶対外せないパットに。

 

 

 

こちらは1打目で入れてきました。

 

 

 

針の穴を通すようにナイスイン&ピース!

 

 

 

14時半、太陽は雲にスッポリ隠れてしまいました。

 

 

 

会心の当たりに思わず笑みが。

 

 

 

カップはマウンドの先です。

 

 

 

まずは目の前の山を越えること。

 

 

 

そしてピンに近づけること。

 

 

 

距離感はよかったのですが、ボールは右に

 

 

 

土壇場でスコアを伸ばしてきました。

 

 

 

これが最後のアプローチに。

 

 

 

傾斜で左に転がるので、その辺を計算しながら。

 

 

 

グリーンの際から。

 

 

 

サラッと決めてきました。すばらしい!

 

 

 

まずはキャディさんに感謝を♪

 

 

 

セカンドショットは2オンねらいで。

 

 

 

グリーン方向に高いボールが出ました。

 

 

 

歩く距離ではないのでカートに乗りましょう。

 

 

 

残念ながら2オンならず。右のラフからピンをねらいます。

 

 

 

上着を脱いで本気モードに。

 

 

 

こちらも手前のラフから。

 

 

 

曲がりをイメージしながらマークの左にボールをセット。

 

 

 

運命の1打は?

 

 

 

気合いで沈めてきました。劇的バーディー!

 

 

 

ほぼストレートにも見えますが、どうでしょうか?

 

 

 

アプローチを終えてグリーンへ。

 

 

 

ロックオン完了。

 

 

 

迷いのないパッティングでナイスイン!

 

 

 

たまに手が抜けなくなるんじゃないかと心配になります。まあ普通に抜けるんですけどね♪

 

 

 

最後のプレーになるでしょうか?

 

 

 

もう1打必要でした。

 

 

 

無事に終わってホッと一息。

 

 

 

2人で協力するのがペア戦です。

 

 

 

頭の中でしっかりイメージづくりを。

 

 

 

外したときは次に期待。

 

 

 

こちらは逆方向から。

 

 

 

右手を空に突き上げます。我がプレーに一片の悔いなし!

 

 

 

カップとボールを直線で結んで。

 

 

 

その通りに入りました♪

 

 

 

ピンを戻してフィニッシュです。

 

 

 

なにかと難しいグリーンに挑みましょう。

 

 

 

打感はよかったと思いますが。

 

 

 

ちょっとでも強いとゴロゴロ転がってしまいそうですね。

 

 

 

打つ前にスコアをチェック。

 

 

 

次は確実のようです。

 

 

 

ここからビッグチャンスにつなげたいところ

 

 

 

ラインは読めたでしょうか?

 

 

 

入ればイーグル。カウントバックという意味でも超重要な場面です。

 

 

 

あともう少しだったのですが、残念♪

 

 

 

見た目以上にやさしくないパットを残しました。

 

 

 

さらに慎重にもう1度。

 

 

 

外したときこそ気持ちの切り替えが大切です。

 

 

 

最後のひと仕事を。

 

 

 

表彰式の準備も整いました。

 

 

 

最終スコアはこのような感じに。

 

 

 

第3位は「チーム高血圧」渡辺一広選手、本多重房選手。トータル66ストローク(OUT33、IN33)。前後半でスコアを揃えて見事入賞です。

 

 

 

第2位は「N&I」今西義和選手、野辺宏臣選手。トータル65ストローク(OUT33、IN32)。後半さらにギアを上げて準優勝フィニッシュ!

 

 

 

そして優勝は「アンダーアーマーズ」中村圭太選手、大森紗帆選手。トータル63ストローク(OUT31、IN32)。序盤からの勢いは止まらず、独走状態のまま18ホールを回って快勝。おめでとうございます!

 

 

 

選手のみなさん、お疲れさまでした。タフなコースセッティングに苦戦する様子も見受けられましたが、ペア戦ならではのスリリングなプレーを楽しめたのではないでしょうか?喜びを噛み締めた方も悔しい思いもした方も、今日を境に気分一新。2019シーズンの予選会でお待ちしています!

 

 

2019年度大会エントリー受付中!