• Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

Menu close

副賞は人気プロとのチームプレー「カーセブンプロアマトーナメントインビテーショナル2021」とは?

 

ダブルス戦の新規大会「カーセブンプロアマトーナメントインビテーショナル2021」がスタートします。優勝を含めた計3ペアに贈呈されるのは人気プロと一緒にラウンドできる権利。12月上旬に行われる「第3回カーセブンプロアマトーナメント」への招待です。息ピッタリのチームプレーで豪華副賞の獲得を目指しましょう!

 

 

3ペアを「第3回カーセブンプロアマトーナメント」に招待

プロと一緒にコースを回れるプロアマ戦は憧れのイベントですよね。憧れる理由はやはりショットやパッティングなどプロの技を間近で見られることで、テレビやネット配信で見る光景とはライブ感がまるで違います。またプレーの合間のアドバイスやマンツーマンのコミュニケーションなど非日常的な体験ができるのも大きな魅力です。

 

 

過去2回行われ今年12月にも開催予定の「第3回カーセブンプロアマトーナメント」はプロとアマチュアが1チームとなってコースを攻略するという特別企画。そんなアマチュアゴルファーにとって夢のようなイベントへの招待を副賞としているのが「カーセブンプロアマトーナメントインビテーショナル2021」です。

 

決勝大会の結果により3ペア(優勝、スクラッチ7位、ダブルペリア7位)を「第3回カーセブンプロアマトーナメント」にご招待。参加費はもちろん、プレー代もパーティ代も無料の完全招待です。ダブルペリアでの選出もあるため、参加者全員に副賞獲得のチャンスがあります。

 

なお「第3回カーセブンプロアマトーナメント」には試合にエントリーした2名だけでなく、ご友人やお仲間などもう1名を加えた3名での参加となります。2人で勝ち取った出場権。お世話になっている先輩や友だちを誘うことで楽しみの幅がグンと広がります。プロ+アマ3名で最高の思い出をつくりましょう!

 

競技参加の目的は人それぞれだと思いますが、先にあるものが大きいほど闘争心に火が着つきやすいはずです。プロアマ戦という至福のステージにつながる「カーセブンプロアマトーナメントインビテーショナル2021」はやる気を引き出すのに十分な大会と言えるのではないでしょうか?

 

 

関東7予選で決勝進出を争う!ホールインワン賞に挑戦も

2021年6~10月にかけて実施する予選会はカーセブンにちなんで計7試合。開催地域は「カーセブンプロアマトーナメント」と同エリアの関東ですが、日程およびコースといった詳細はスケジュールが確定次第、大会公式ページにて公開します。

 

 

ルールは2人1組のダブルススクランブル方式によるスクラッチ競技。各試合の上位12ペア(参加予定枠20ペア中)が予選通過と6割が次のステージに進めます。ハイレベルな戦いが予想されますが、競技初挑戦もしくはスクランブルゴルフデビューの方々でも上手く噛み合えば決勝進出の可能性アリ。ダブルスならではのスリリングなスコア争いを楽しみましょう。

 

決勝大会は2021年11月12日(金)に開催。会場は日本プロゴルフ選手権大会の開催コースとしても知られる「房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)」を予定しています。決勝当日はショートホール(1ヵ所)にホールインワン賞を設けます。全員に1チャンスありますので、果敢にチャレンジしてください。

 

 

昨年開催の第2回大会は人気プロ集合で大盛り上がりに

昨年開催の「第2回カーセブンプロアマトーナメント」は男女合わせて47名ものプロゴルファーが集まりました。女子はアン・ソンジュプロ、成田美寿々プロ、工藤遥加プロ、青木瀬令奈プロなど、男子は香妻陣一朗プロ、出水田大二郎プロなどいずれもトーナメントで活躍中の豪華メンバーです。

 

 

熱戦の舞台となったのは日本オープン、日本女子オープンの開催コースとしても知られる相模原ゴルフクラブ。懸念された雨の影響もなく、上々のコンディションの中、プロ1名+アマチュア3名で構成されたチームが続々とスタート。参加人数分の快音が相模原の空に響き渡りました。

 

プロはチームスコアだけでなく個人でのスコア争いもあるため、意地とプライドをかけた本気の戦いに挑みます。一方、アマチュアの選手はプロの迫力を肌で感じながらチームの一員として全力プレー。プロアマ一体のチームワークで優勝を目指します。

 

日が沈みきった午後5時、試合が無事終了してお待ちかねの懇親会がはじまりました。総額300万円以上の賞品を前に参加者のボルテージは最高潮。プレーを振り返っての会話が弾むのも必然です。

 

そして成績発表へ。チーム優勝は香妻陣一朗プロ組。OUT26、IN27のトータル53ストロークという驚異的なスコアで第2回大会を制しました。個人優勝は出水田大二郎プロ。初の栄冠に明るい笑顔を見せてくれました。

 

最後はカーセブンポーズで記念撮影。大盛況のうちに幕を閉じました。

 

プロアマ戦に興味があり、ずっと出たかったというみなさんにとってはまたとないビッグチャンスです。熱意と実力でこの豪華副賞を勝ち取ってみませんか?

この記事を書いた人

工藤 由行

大会カメラマン兼レポーター。大会当日、練習場やスタートホール、フィニッシュ後に声をかけますので、写真撮影とコメントのご協力をお願いします!