• Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

Menu close

男女でチームプレー「2020ミックスペアスクランブルゴルフ選手権」とは?

 

「ミックスペアスクランブルゴルフ選手権」は男女ペア限定という条件のもと、ダブルス戦の面白さを余すことなく体感できる大会です。スクランブルゴルフツアー屈指の人気大会として今年で6シーズン目に突入。2人でミックスペアの頂点を目指してみませんか?

 

 

まったく同じ条件だからスコア争いが面白い

ゴルフの魅力は年齢や性別に関係なく誰もが一緒にプレーを楽しめることです。飛距離の差はシニアティーやレディースティーといったティーポジションである程度埋められますが、女性に関して言えばもう少しハンデが欲しいところかもしれません。

 

 

他の競技大会では男女別で行われるのが普通ですが、スクランブルゴルフツアーはチームプレーという特性上、男性同士のペアも男女混合のミックスペアも同じ舞台で戦います。もちろん、男性と女性とではティーポジションが異なりますが、コースによっては飛距離不足がそのままスコアに反映されることも否めません。

 

そこで「ミックスペアスクランブルゴルフ選手権」では男女ペア限定とすることで、まったく同じ条件でスコア争いを楽しめるようにしています。また必ず男女ペア同士の組になるためコミュニケーションがとりやすく、会話を弾ませながら円滑にプレーを進めることができます。

 

ゴル友やカップルでの参加はもちろん、男性が競技ゴルフデビューしたい女性を誘うのにもベストマッチな大会です。

 

 

参加方法が選べる!真剣勝負もエンジョイもOK

予選会は5~9月にかけて関東、中部、関西の3エリアで開催されます。計9試合行われ、上位ペアは9月28日(月)、森永高滝カントリー倶楽部(千葉県)にて開催される全国決勝にコマを進めます。

 

 

参加方法は「スクラッチの部」と「ダブルペリアの部」の2部門。実力で好スコアを目指す「スクラッチの部」は個々の腕前と2人のチームワークがモノを言う真剣勝負に。一方「ダブルペリアの部」は運的要素が加わるため気楽にプレーしたいエンジョイ派におすすめです。

 

大会当日は男女ペアが大集合するので、いつものゴルフ場とは一味違う明るい雰囲気になります。特にウェアに関してはペアコーデ率が高くプレーと同じくらいファッションも気合十分。勝負服とともにコースに挑む姿はミックスペアならではの光景です。

 

 

2019年は冬の全国決勝でチャンピオン決まる

2019年は1~10月までと長期間に渡って予選会を開催。試合数が多いため、予選落ちしてすぐ再挑戦を決めるペアも少なくありませんでした。予選、ブロック決勝を勝ち抜いたスクラッチ部55ペア、ダブルペリアの部20ペアが12月9日(月)、レイクウッドゴルフクラブ(神奈川県)に集結。運命の全国決勝に挑みました。

 

 

10度以下と気温こそ低いものの雨の心配もなく、全組がティーオフ完了。上々のコースコンディションの中、チャンピオン争いが繰り広げられました。

 

その結果、スクラッチの部で優勝したのが「ミッケ&ミミパン」加瀬二朗選手、新井美奈子選手。コンスタントにスコアを伸ばし続けて9バーディー。見事男女ペアの頂点に立ちました。ダブルペリアの部は「ひまわりsun」三嶌隆司選手、山本直美選手が優勝。結果発表と同時に会場に歓声が上がりました。

 

2020年の「ミックスペアスクランブルゴルフ選手権」はどんな戦いになるのでしょうか?継続参加のみなさんも初チャレンジのみなさんもエントリーをお待ちしています!

この記事を書いた人

工藤 由行

大会カメラマン兼レポーター。大会当日、練習場やスタートホール、フィニッシュ後に声をかけますので、写真撮影とコメントのご協力をお願いします!