• Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • LINE

Menu close

土日祝限定開催「2020WEEKENDスクランブルゴルフ選手権」とは?

 

土日祝限定開催の「WEEKENDスクランブルゴルフ選手権」は休日に競技大会に出たいというニーズにこたえるカタチで誕生しました。スクランブルゴルフツアーの中でも歴史ある大会で、6年目となる2020年も週末のコースを舞台に熱い戦いが繰り広げられることは間違いありません。

 

 

休日は仲間と一緒に競技ゴルフの世界へ

仕事と趣味の両立は社会人にとって大きな課題かもしれません。時間に限りがあるため、どこかで気持ちの切り替えをしなければ両方を充実させることは難しいと思います。会社勤めしている人なら平日は仕事で手一杯でしょうから、週末にプライベートの時間を確保しようとするはずです。

 

 

週末のゴルフ場にたくさんの人々が訪れるのは、そこに休日が割り当てられているからで、同じスケジュールで動ける仲間がいれば一緒にプレーを楽しめます。

 

ゴルフはゴルフでも競技ゴルフとなると少し事情が異なってきます。競技ゴルフの大会は平日開催が多く、参加するには仕事を休まなければなりません。そこで「休日に競技ゴルフを楽しみたい」というニーズにこたえ続けているのが「WEEKENDスクランブルゴルフ選手権」です。

 

ビジネスパーソンにピント合わせて、予選から決勝まで全試合を土日祝限定開催としています。普段の週末ラウンドの延長線上にある大会ですから、いつもの仲間とともに気軽に参加できます。

 

 

関東開催、2人または4人で予選突破を

予選会は4~8月まで、関東Aと関東Bのブロックごとに4試合ずつ、計8試合を開催します。参加方法はダブルス戦とチーム戦の2つがあり同日開催です。

 

 

予選会における上位チームはブロック決勝に進出し、ファイナル出場をかけた戦いに挑みます。関東Aブロックは姉ヶ崎カントリー倶楽部(千葉県)、関東Bブロックは山田ゴルフ倶楽部(千葉県)にて開催されますが、日程的に予選会からブロック決勝という流れを見越してのエントリーをおすすめします。また両ブロックの予選会にエントリーして、決勝行きのチャンスを広げるという手もあります。

 

「WEEKENDスクランブルゴルフ選手権」の予選会は他の大会に比べてアットホームな雰囲気があります。予選突破という目標に対してはもちろん真剣ですが、選手の表情からはみんなでチームプレーを楽しもうという明るさが感じられます。

 

チームとしてはいつものゴルフ仲間、会社の同僚など仕事仲間が大半ですが、そのほか夫婦、親子、兄弟といったファミリー、レディースが多いのもこの大会の特徴です。

 

 

決勝の舞台は立野クラシックゴルフ倶楽部

ブロック決勝を勝ち抜いたチームはいよいよ決勝大会に進出です。ダブルス戦、チーム戦とも2020年11月3日(月祝)、文化の日に新チャンピオンの座を争う最後の戦いに挑みます。

 

 

開催場所は立野クラシックゴルフ倶楽部(千葉県)。設計監修はマスターズチャンピオンのベルハルト・ランガーで、美しさと戦略性を兼ね備えた上質コースです。予選、ブロック決勝と難関をクリアしてきた実力を完全解放するのに相応しい舞台を用意しました。

 

チーム一丸となってコース攻略にチャレンジしながら、最高の思い出をつくりましょう。

 

 

歴史に名を刻む6代目チャンピオンは?

2019年は1~8月にかけて計10回行われた予選会から、上位成績を収めたチームが決勝大会にコマを進めました。

 

 

9月16日(月祝)、南茂原カントリークラブ(千葉県)で行われたチーム戦決勝大会には33チームが参加。朝から雨が降り続くという難しいコンディションでしたが「なかよし会?」海野克己選手、海野綾子選手、逆井英雄選手、鈴木清治選手が見事優勝。第9予選会をトップ通過したときと同じくトータル13アンダー、2位に2打差をつけての快勝でした。

 

一方、58ペアが参加したダブルス戦決勝大会は9月23日(月祝)、静ヒルズカントリークラブ(茨城県)にて開催。こちらは好天に恵まれ「N&I」今西義和選手、野辺宏臣選手が着実にスコアを伸ばしながらトータル5アンダー。迫る後続を振り切って、新チャンピオンの称号を勝ち取りました。

 

スリリングかつエキサイティングなスクランブルゴルフ。個々の実力にチームワークをプラスして6代目チャンピオンを目指してみませんか?

この記事を書いた人

工藤 由行

大会カメラマン兼レポーター。大会当日、練習場やスタートホール、フィニッシュ後に声をかけますので、写真撮影とコメントのご協力をお願いします!