ゴルフのゴールとは一体 インパクトの重要性を知る

 

これまで三觜プロに教わったヒップターンの実践に励んでいましたが、前回鈴木プロに見ていただいたところ、今はお尻を一生懸命後ろに動かそうと意識をしているだけで、そのゴールが決まっていないとご指摘を受けました。では、ゴルフのゴールとは一体何なのでしょうか。

 

 

インパクトを理解する

 

ゴルフのゴール、それはインパクトを知るということでした。今まで1人で淡々と練習場に通い練習をしているだけでは、いつもカッコイイ綺麗なスイングにしたいと気にしてばかりで、インパクトのことを考えたことはありませんでした。きちんとしたインパクトを知ることで、球がつかまり狙った球筋で距離もでるというメリットだらけだったのです。

 

 

 

インパクトドリル

 

正しいインパクトの作り方をはじめから作ってみます。その名もインパクトドリル。クラブを持ち、いつも通りアドレスをしたところからボールを正面へグッと押し出すようにします。

 

さらにこの状態から、頭と右肩を右へ落とします。これでインパクトドリルの完成。こうすると体の左側面がとても伸びて、お尻も勝手に後ろを向く体勢ができました。これがインパクトの理想形。この状態からなんと、テイクバックをしフルスイングをするというのです。

 

 

 

構えた時は、違和感しかありませんでしたが、これでフルスイングをしてみると今までに感じたことのないインパクトの感覚で球がつかまった感じ、とても軽い音がしました。さすがにこれには自分自身、驚きました。

 

こうすることで、お尻、肋骨が後ろを向くようなインパクトを作ることが出来ます。前回、三觜プロに教わったヒップターンがここで繋がりました。この形でインパクトをすることに繋がっていたんですね。

 

 

 

鈴木プロの素晴らしいお手本。インパクトでボールより手が前に(ハンドファースト)出るように、インパクトの形を作って、そのまま軽く打ってみせてくれました。やはり、球がつかまると音が全然違いますね。

 

 

自分自身へ今回のレッスン備忘録

 

・インパクトの形を作り、そこからそのまま打つ(インパクトドリル)

 

・押すという感覚を身に付ける

 

これなら、1人で練習場へ行っても実践が出来ますね。次回のレッスンまでの宿題として頑張ります。皆様もぜひお試しください。上手くなって、競技の大会に出るぞ!

この記事を書いた人

米原桜

ゴルフ大好き双子。
ゴルフライフに勤務しスクランブル競技の普及、
ゴルフ人口の増加に日々努めています。
自分自身も競技ゴルファー目指して、日々練習。目標は70台を出す事!

米原桜 の最近の投稿