「ピンまでいくつ?」「ねらっていい?」「ご褒美パット」スクランブルゴルフ用語辞典Vol.9

 

ゴルフ用語はたくさんありますが、スクランブルゴルフ特有のワードも存在します。今回はスクランブルゴルフツアーの試合会場でよく耳にする言葉をいくつかまとめてみました。要するにスクランブルゴルフあるあるです(笑)

 

 

 

ピンまでいくつ?=残り距離を仲間で共有したいときに使う質問。セカンド、サードショットは打つ位置もピンまでの距離も一緒です。また距離計測器の使用が認められているため、チームで1つ持っていれば残り距離がバッチリわかります。1人目がオーバーしたら、2人目は番手を下げて打つなどスクランブルゴルフならではの戦い方もあるので、チームプレーにおいて正しい残り距離の共有は必須です。

 

 

 

ねらっていい?=ロングホールでの2オンなど攻めるショットを打つ前に言うひとこと。疑問形ですが、これを言うときは本当にねらえる状況なので誰もが「行け!行け!」となるはずです。18ホールあるとはいえ、ここが勝負どころというチャンスは決して多くありません。限られた勝機を逃さず、ねらえる場所では果敢に攻めること。見事成功したときは遠慮せず喜びを爆発させましょう。

 

 

 

ご褒美パット=ベタピンショットを打った人がそのままパッティングの権利を得ること。セカンドまたはサードショット、ショートホールのティーショットがベタピンになった際、そのご褒美としてパットも打たせてもらいましょう。ほんの短い時間ですが足元で鳴る「カコン♪」という音は最高です。ここで異を唱えるメンバーがいるとしればチームワークに問題ありです(笑)

 

 

2019年度先行エントリー開始!